ガミースマイルな恋愛女子のブログ

ガミースマイルな恋愛女子のブログです。

ガミースマイルとは?特徴を知って治療や対策を考えよう

ガミースマイルとは?ガミースマイルとは笑うと歯茎が見えてしまう笑顔のことです。

 

ガミースマイルとは?特徴を知って治療や対策を考えよう

笑ったときに見えてしまうことでそれがコンプレックスになってしまい、笑うことが苦手になってしまう人もいるといいます。

ですが、それには必ず原因があるので、コンプレックスを解消するためにも一度カウンセリングやどのような治療方法があるのかを確認してみるのもいいでしょう。

まずは原因を知り、それぞれに合った治療方法を知ることが大切です。

ガミースマイルには3つの原因と対策方法があります。

上あごの骨格や歯並び、上唇の形状や筋肉、そして歯茎の3つです。

それぞれに特徴があるので、それらを改善していくことでガミースマイルを治療することが出来るといいます。

上あごの骨格や歯並びが原因になる理由ですが、日本人を含むアジア人は、上あごなどの口周りの骨が出っ張っていると言われています。

その影響で歯茎も長くなる傾向にあり、それが原因で歯茎が見えてしまう場合もあるということです。

また、歯が低い位置に生えている人などは歯と歯茎の境目の位置も下がってしまいます。

それが原因で上側の歯茎の大部分が見えてしまうということです。

歯が下のほうに生えている場合、その部分が長くなってしまうので笑ったときに歯茎が見えやすくなるという人もいます。

上唇の形状や筋肉が原因にも特徴があります。

上唇の形状が原因である場合、縦の幅が短くて薄い形状の唇であることが多いといいます。

歯茎は通常なら口を開いても上唇に隠れています。

ですが、薄い上唇の場合、その部分が隠れることがなく、見えやすくなっているということです。

これが原因でガミースマイルになってしまう人もいるということです。

この上唇以外にも、上唇を持ち上げる筋肉が人よりも発達している、筋力がとても強い場合なども原因になるといいます。

歯茎が原因の場合は、人よりも発達しすぎている、歯がかぶってしまっているなどが原因です。

この原因の場合は、歯が普通の位置から生えている人でも歯茎が深く覆いかぶさっている状態になって目立ってしまうことが多いということです。

このように、原因はなんでも歯よりも歯茎の幅の割合が大きく場合なってしまった場合に見えやすくなってしまうということがわかります。

しかし、歯茎だけが原因になっているという症状はあまりなく、骨格など他の要因と合わさっていることがほとんどです。

ガミースマイルの対策はそれぞれ、その原因を取り除く必要があります。

ですから一つ一つに違いがあることを理解しておきましょう。

治療を受ける前にカウンセリングを受けて、どのような理由で歯茎が見えてしまうのかを判断し、そこから治療方法を決めます。

たとえば、骨や歯の突出が軽度な場合は歯列矯正を行うことで対応出来る場合もあるということです。

これは骨格が原因のときの治療法ですが、上あごの骨が大きく突出している状態で出っ歯になっている場合などは骨を切るという治療法を行うこともあるといいます。

この治療法は上あご骨切り術と呼ばれる方法で、横顔のシルエットも美しくなる治療法として行われることもあります。

歯の生え方が原因になっている人は、セラミック法と歯冠延長術で歯列矯正を行うことが多いです。

歯冠延長術は歯を上に長くする治療で、セラミック法はセラミックで作られた人工の歯をかぶせて歯茎を見えにくくします。

上唇が原因になっている場合、筋肉が原因のときはボトックス注射を行うことで改善を期待することが出来ます。

唇を過剰に持ち上げてしまう筋肉の働きを抑制することで見えないようにすることが出来るので、比較的簡単な治療方法だと言えるでしょう。

1回あたりのボトックス注射の料金も安く、手術には抵抗があるという人にお勧めです。

歯茎が原因なら、粘膜切除法や歯茎部切除法などの歯肉整形の治療で改善することが出来ます。

この治療は発達して目立っている歯茎を一部カットする、周りの粘膜を切除して見えないようにするという方法です。

見える部分を小さくすることが出来るので、笑ったときでも目立ちにくくなるというのが特徴です。

ただし、この治療を行う前には原因がほかにもないかをきちんと診断してもらう必要があります。

また、手術や治療を受けずに改善出来ないか、という人でもセルフトレーニングで歯茎が見えないようにすることも出来るということです。

たとえば笑い方を意識して変えてみるというのもいいでしょう。

鏡を見ながら笑うときに上唇をあげすぎないよう意識してみたり、唇全体を上げすぎないように笑う練習をしてみるのもお勧めです。

このとき、唇の両端に指を軽く当てて練習するとさらに意識が高まるので効果的だということです。

コツをつかむまでは鏡を見て練習を繰り返し、笑うときは小さなスマイルや中くらいのスマイルを意識してみること、唇を上げるのではなく横に引っ張るようにするとイメージしやすいかもしれません。