ガミースマイルな恋愛女子のブログ

ガミースマイルな恋愛女子のブログです。

ガミースマイルの自力の治し方は笑い方を矯正するトレーニングがオススメです

ガミースマイルとは笑った時に歯茎が見えてしまう笑顔のことで、ガムは英語で歯茎を意味します。

歯茎の見える笑顔はチャームポイントとして受取ってもらえることもありますが、残念ながら歯茎が見えない方がかわいいと思う人がほとんどです。

芸能人には意外とこのタイプの人が多いのでそれほど気にする必要はないかもしれませんが、やはり本人にとっては気になるでしょう。

 

d8rl6dhf2ye.hatenadiary.com

 

 

ガミースマイルの自力の治し方は笑い方を矯正するトレーニングがオススメです

言葉の響きは良いのですがアメリカではネガティブなイメージで考えられているようで、日本でも歯茎が見える女性はグッキーのようなあだ名がつけられることが多いです。

ガミースマイルは上の前歯が小さいとなりやすく、歯茎が前歯に被り過ぎると歯より歯茎の面積が広くなります。

前歯の大きさは普通でも、歯茎が被り過ぎていたり歯の位置が下がっていたりするとなりやすいです。

骨格に問題がある場合もあり、上顎の骨が唇のラインよりも下に位置していたり上顎の骨が長くて前に突き出ていると上唇よりも下に位置するので歯茎が見えてしまいます。

上唇を持ち上げる筋肉が通常より発達しているのも原因の1つで、唇が上がりすぎることで歯茎が見えて目立ってしまうことがあります。

ガミースマイルの治し方は原因によって施術がそれぞれ異なりますが、歯の生え具合や歯茎に問題がある場合は歯茎を切除する外科手術が有効です。

歯肉整形は歯茎のラインが不揃いになっている場合に効果的ですが、上唇の筋肉に問題が生じている場合はボトックス注射で改善することができます。

ボトックス注射を打つと上唇を持ち上げる筋肉の力を弱めることができるので、上手に使うと自然な笑顔を残したまま治すことができます。

ただしボトックスは半永久的に効果が持続するわけではなく、半年から1年くらいで効果は切れてしまうので注意が必要です。

上顎の骨など骨格的な問題がある場合は、骨を切るような外科的な施術が必要になるでしょう。

ガミースマイルを自力で解消する治し方もあり、努力次第では改善することが可能です。

d8rl6dhf2ye.hatenadiary.com

笑い方を意識する方法で、笑う時に上唇を大きく上げてしまうと顎の骨や歯並びの問題がない人でも歯茎は見えてしまいます。

軽度の場合、笑い方に注意を向けることで歯茎が見えるリスクを低下させることができるのでオススメです。

日常生活で笑う時すべてに意識を向けるのは難しいので、歯茎が露出しない笑い方のトレーニングをします。

鏡を見ながら唇を上げすぎないことを意識し、唇の両端に指を当てた状態で笑顔の練習をすると効果的です。

自力での治し方は、まず鏡の前に立ってリラックスした状態を作り、唇の両端に人差し指を優しく当ててゆっくりと斜め上に引き上げます。

小さいスマイルを作ったら5秒くらいその状態をキープして元に戻し、リラックスします。

今度は中くらいのスマイルを作ってリラックスし、最後に大きなスマイルをつくってリラックスすれば終了です。

このトレーニング法は口の周りの筋肉を解す効果を期待することができ、唇を上に挙げすぎずに笑う癖を作ることができます。

笑い方を矯正する治し方で、練習を繰り返すことで意識しなくても歯茎の見えない笑顔を実践できるようになります。

モデルや俳優は笑顔のトレーニングをしていて、自分にあった笑い方を研究することで笑い方は変わると言われています。

笑い方を変えるのは出来ないことではないので、トレーニングを実践して無意識に笑えるように訓練していきましょう。

ストローを使った治し方もオススメで、まず唇はやや脱力しながら口角を横に引くイメージでストローを水平にして前歯で軽く噛みます。

唇の形はいの発音に近いのですが頬の力でいの形をキープするようにし、上唇の力は抜いて上唇がめくれ上がらないようにするのがコツです。

次に上下の唇を巻き込んで唇が見えないようにし、巻き込んだまま唇を横に引きながら弓のような形になるように頬に力をいれて口角を引き上げます。

そしてこの唇の形でストローを歯で噛まないようにして唇だけでストローを挟むのですが、その時、鼻の下が十分に伸びていてストローが水平に保たれているかが重要です。

最後に上唇を軽く巻き込んで下顎は軽く前に出した状態でストローを上下の唇で挟み、歯で噛まないようにして下唇だけが見えるようにします。

唇で笑うのではなく頬の筋肉を使って笑うのがポイントで、そうすることで美しいスマイルラインが作れるようになり、ガミースマイルを改善することができます。

ガミースマイルの自力での治し方は誰にでも有効なわけではなく、程度が低く少し工夫するだけで歯茎を見せなくできる場合にのみ有効な手段です。

ただ全ての人に有効ではないものの、軽い程度なら改善を期待することはできます。

大きな口を開けて笑うのではなく口角を引き上げるようにして笑うようにし、トレーニングすると唇の緊張が抜けるのでかなり目立ちにくくできる可能性はあります。

遺伝性の場合は効果があまり期待できないので、しっかり改善したいのなら信頼できる医師に相談しましょう。